やわらか豚足煮付けてびち

沖縄の伝統的な家庭料理「てびち」。豚足を柔らかく煮て醤油で味付けしてあります。プルプルの皮と内側のゼラチン質の食感の違いが最大の魅力。とろけるようでいてぷるんとした弾力もあり、いくつ食べても食べ飽きることがありません。ご飯おおかずにもいいですが、おすすめはお酒のおつまみ!「てびち」片手に家飲みを始めれば、あっという間に夢見心地です。

本ページはプロモーションが含まれています

沖縄の家庭料理

豚足をそのまま、もしくは皮ごとぶつ切りにしてじっくりと煮込み、醤油や味噌で味をつけた「てびち」は、沖縄県人のソウルフード。各家庭で昔から作られてきた素朴な家庭料理です。コトコトと煮るだけなので難しくはありませんが、手間と暇はかかります。

温めるだけですぐ食べられる

自分で作ろうとすると恐ろしく時間がかかる「てびち」ですが、「やわらか豚足煮付け」なら温めるだけでトロトロ柔らかい本格てびちがすぐに食べられます。野菜と一緒に煮込んだり、ソーキそばに乗せたり、ご飯にのせててびち丼にしたりとバリエーションも色々楽しめます。

通販・お取り寄せおつまみ「やわらか豚足煮付けてびち」

沖縄のソウルフード「てびち」が家庭で簡単に食べられる嬉しい一品。コラーゲンたっぷりなので、美容に気を遣う人にもおすすめです。ビールや日本酒にも合いますが、おすすめはやっぱり沖縄の焼酎や泡盛。地のもの同士は馬が合うということを実証してくれます。

TOP