天の橋立 ししゃも

京都の「竹中罐詰」を代表する「天の橋立」シリーズから、珍しい子持ちししゃものオイル漬けをご紹介します。卵をたっぷりと抱いたししゃもに綿実油のすっきりとした油がベストマッチ。ししゃもというと、ビールや日本酒、焼酎のおつまみという印象が強いですが、これはワインにも洋酒にもよく合います!

卵たっぷりのカラフトシシャモ

「ししゃも」と銘打ってはいますが、「天の橋立 ししゃも」に使われているのは、キャペリンという魚で、いわゆるししゃもとは別物です。キャペリンは別名「カラフトシシャモ」と呼ばれ、卵の美味しさに定評があり、卵を抱いた「子持ちシシャモ」が珍重されます。国内で流通しているししゃもの加工品のほとんどは、この子持ちのカラフトシシャモが使用しています。魚卵とオイルは相性抜群!お腹にぎっしり卵が詰まったカラフトシシャモのオイル漬けは理にかなった絶品おつまみです。

あっさり塩味

味付けはうっすらとした塩だけ。あっさりしているので食べ飽きることがありません。お好みで醤油やスパイスを加えても美味しいです。ローリエの葉が魚の臭みを消してくれるので、魚が苦手な人でも食べやすいです。パスタに加えたり、ピザやサラダのトッピングにしたりと応用がきくのも嬉しいところです。お酒に合わせてアレンジを楽しめます。

通販・お取り寄せおつまみ「天の橋立 ししゃも」

きれいに並んだししゃもは、見ているだけでお酒が飲めるほど。いやな臭みも一切ないので、どんなお酒とも相性抜群。家飲みの強い味方です。そのままでも十分に美味しいですが、スライスしたにんにくをのせてオーブントースターで温め、グツグツしてきたら醤油をひと回し。BBQやキャンプにもおすすめのおつまみです。

TOP