【福岡:2022年5月】福岡のオススメお取り寄せおつまみ10選

【福岡:2022年5月】福岡のオススメお取り寄せおつまみ10選 メイン画像

九州の中でももっとも人口が多い福岡県は、仕事や観光で訪れる方も多いと思います。特に食に関しては美味しいものが沢山あるというイメージがある方も多いのでは?
そんな福岡県には、海がそばにあるからこそできる新鮮な魚介を使ったおつまみや、ガッツリとお肉を使ったおつまみもありますので、ビールや日本酒、ワインなど様々なお酒に合います。また、ご飯のお供や、お子様のおやつとしてもピッタリな商品も盛りだくさんです。
色々なおつまみを取り寄せて福岡県を満喫してみませんか。

ごまさば 職人仕立て

博多は海にも近く新鮮な魚介も豊富で美味しいおつまみがあります。特に日本酒に合う「ごまさば 職人仕立て」は、新鮮なさばを使うからこそ味わえる格別な一品です。
ごまさばとはは海がそばにある博多だからこそできる郷土料理で、新鮮な脂がのったさばを薬味やたれで和えてそのまま食べることができます。職人が一尾ずつ丁寧に骨を除いて捌いていますので、お酒のおつまみにピッタリ。もちろんご飯のおかずやお茶漬けなどに使っても納得できる美味しさです。

とりかわ(焼き鳥)

博多の名物料理の一つでもある「とりかわ(焼き鳥)」は、串にぐるぐる巻きつけた鶏皮を焼き上げた逸品で、キンキンに冷えたビールとの相性抜群です。
鶏皮は苦手という方も、こちらのとりかわはを食べれば今までの鶏皮のイメージが変わると思います。余分な脂を落としていて旨味がギュット詰まっており、さらに焼き鳥の決めてとなる秘伝のたれによって、より一層他ではなかなか味わえないお酒のおつまみとしてもご飯のお供としても最高の一品です。

辛子明太子(無着色・訳アリ)

福岡と言えば辛子明太子と答える方も多いと思います。中でもかねふくの「辛子明太子(無着色・訳アリ)」は、美味しさはそのままで、お得に購入できると評判の辛子明太子です。
訳アリと言っても味は正規品となんら変わりません。むしろ切れているからこそ、食べたい分だけ食べやすいとか、料理に使いやすいというメリットもあります。また、無着色ですのでお子様からご年配の方まで安心して食べられます。
アツアツのご飯のお供や、お酒のおつまみとしても便利な一品です。

めんべい

家飲みの時は簡単に食べたいという方も多いと思いますが、「めんべい」は、博多の名物として外せない明太子のおせんべいですので、サッと食べられることができ家飲みにピッタリです。
定番の味はやっぱり明太子味ですが、その他にはねぎやマヨネーズ、焼きカレーなど味のバリエーションが豊富ですので、飽きることはありませんし、お子様のおやつとしても活躍すること間違いなしの一品です。
ピリ辛の味は食べたらやめられない止まらない病みつきになる味です。

すずめの卵

空港土産として購入できる豆菓子の「すずめの卵」は、明太子を漬け込んだ調味液を使って作る明太子パウダーを活用し、ピリ辛がくせになるお酒のおつまみです。
コロンとして可愛らしい見た目ですが味はピリ辛。でも、有明海産の海苔も使っていますので、ピリッとした中にも海苔の心地よい香りの為、ついつい食べ過ぎてしまう豆菓子です。
ほどよい量が小袋に入っていますので、おやつとして持ち歩きやすいですし、お土産として配りやすくなっています。

めんツナかんかん

長期保存できる缶詰は、サッと出せてお酒のおつまみとして使うのに最適。「めんツナかんかん」は、可愛らしいネーミングが印象的ですが、中身も缶詰とは思えないほど美味しさが詰まった一品です。
国産のビンチョウマグロを使っていますので、ツナそのものの味も抜群。さらに秘伝の明太子だれを加えてピリ辛に仕上げていますので、お酒との相性が抜群にいいんです。
味の種類は3種類。レギュラーはお子様でも食べられる味、辛口は唐辛子倍増、プレミアムは明太子がたっぷりで特別感があります。

博多揚げホルモン

ビールと一緒に食べたい「博多揚げホルモン」は、その名の通りホルモンの唐揚げで、バリバリ感ザクザク感、そして噛めば噛むほどにホルモンの旨味が感じられる最高のおつまみです。
お酒のおつまみとしてベストですが、その他にサラダやチャーハン、ラーメンなどのトッピングにも最適で、バリカタの食感だからこそできるインパクト大の料理になります。
国産の豚ホルモンだけを使って丁寧に仕上げているだからこそできる、旨味や食感は他では真似できない味です。

いか明太子

博多と言えば明太子が有名ですが、その明太子といかを使った「いか明太子」は、居酒屋のお通しにも使うことが多いおつまみです。
ご飯のお供としても、お酒のおつまみとしてもピッタリですが、その他には豆腐に乗せて食べたり、うどんやパスタと和えたりなど幅広く使うことができますので、一家に一つあればあれこれ使うことができて便利です。
いか明太子は多くのお店で販売していますが、いかと明太子のバランスが良いのは他にはなかなくなく、老舗明太子メーカーだからこそできる味です。

博多明太子 芳醇生さきいか

しっとりとしたソフトなさきいかと、ピリ辛の明太子が合わさった「博多明太子 芳醇生さきいか」は、太宰府天満宮の参道にあるお店で売切れがでるほどの人気の商品です。
さきいかと明太子はそれぞれ単品でもお酒との相性が良いのですが、この二つを秘伝のたれを使ってより一層お酒が進む味になっているのです。
また、お酒のおつまみの他にも、いかの旨味と明太子のプチプチ食感とちょっと辛味はお茶漬けにも合いますので、最後の〆として使うのもオススメです。

THE MENTAIセット

いろいろな味を楽しみたい方にオススメなのが「THE MENTAIセット」です。
「THE MENTAIセット」は全部で6種類。プチプチの食感と辛さがクセになる中辛、もちもちの食感がやみつきになるイカ、プリプリとプチプチの組み合わせの甘エビ明太子、まろやかな味の昆布、洋風料理にピッタリなチーズ、辛みと旨みが最高の七味あごだし、さわやかさが香るゆず、パスタに合うバジルがあります。
そのままでも召し上がれますが、野菜やパスタ、パンなどと一緒に食べても美味しいです。

まとめ

お酒のつまみにピッタリなものから、ご飯のお供、お子様のおやつまでバラエティ豊かな博多のおつまみ。
博多に行ったときはもちろんのこと、博多に行けなくてもお取り寄せしてみて博多を思い浮かべて食べてみてはいかがでしょうか。

TOP